トップページ 教室案内 過去イベント、カービングギフト 作品紹介 カービングの事、その他いろいろ リンク 連絡先 ブログケサラク
【サヌクケサラク】タイ式フルーツ&ベジタブルカービング・ソープカービング トップページ

タイのこと/タイの風景、食べ物など

高層ビルもあれば露店も並び、大渋滞もあれば象も歩く。
混沌の中、花は鮮やかに咲き、至る所に仏教寺院が並ぶ。
この国の人々は、いつでも笑っていられるように生きている。
好きなタイのもの、ことを少しだけ書いてみます。

 

その1:チェンマイのサンデーマーケット
日曜日、市街地では数kmにわたり露店が連なり、みやげ物屋や食べ物屋台が延々と並んだ路地には、音楽の演奏や大道芸を行う人の姿も。こんなに楽しいことが毎週行われてるなんて、素敵すぎる。
その2:クレット島
バンコク市街地から約1時間。渡し舟で対岸に渡ると、お菓子と焼き物の島に到着。島には陶芸工房、おもちゃ屋、駄菓子屋が並び、懐かしい空気がゆっくり流れている。
その3:ヤードム
リップスティックのような形の、メンソール入り嗅ぎ薬。すうーっとした爽快感に中毒者続出。で、これを鼻の穴に突っ込んで歩いてるタイ人が頻出。
その4:ロティーサイマイ
道端では、よく机ひとつで売られている。ビニール袋に入った糸のような物体は、「絹」の意味を持つわたあめのようなお菓子。うすく柔らかい皮に細いアメを巻いて食べる。かなり甘いけど、そこがおいしい。
その5:チャーイェン
タイで「アイスティー」といえばこのようなオレンジ色のお茶のこと。濃い紅茶に砂糖と練乳を加えたような味で、かなり甘い。氷で割らないと飲めたもんじゃないが、不思議なことに徐々にはまっていく…。
その6:フルーツシェイク
フルーツをその場でカットして、氷、砂糖と一緒にミキサーにかける。タイは1年中フルーツがとれ、日本では高級なマンゴーやドラゴンフルーツのシェイクも楽しめる。すいかのシェイクは特におすすめ。
その7:なんでもビニール
ごはんもおかずもジュースも、何でもビニール袋に入れてテイクアウト。強度的に不安になるけど、漏れたためしもなく。屋台の汁めんも、めん・汁・具に分けて袋でお持ち帰り。こんなふうに生きた魚を売ってる人も。
その8:いつでも食べてる人たち
接客の仕事中だろうが食事をする。個人商店では日常的な光景でも、わりと高級なデパートのレジでもお姉ちゃんが堂々と丼物を食べてたのにはびっくり。
その9:バイクに一家で乗る
「モーターサイ」とよばれるバイクタクシーがバンコク市内には走っている。長めのシートで運転手の後ろに乗せてもらうスタイルだが、自家用バイクでもよく二人以上で乗っている。タイトルどおり、5人家族でぎゅうぎゅうに座ってたり、女子大生が3人乗りしてる姿なんかはいかにもタイらしい。
その10:プロパガンダ
毒もひねりもかわいく見えるタイのプロダクトブランド。タイには洗練されたインテリアグッズや雑貨がたくさんあるが、ここの面白みは特級。
*website
その11:ソンクラン
4月に開催される「水かけ祭り」はタイのお正月を祝うイベント。だれかれかまわず通りすがりの他人に水をぶっ掛ける。「服が汚れるから絶対嫌!」という人もいるけど、ここはせっかくなのでおもいっきり見ず知らずの人にぶちまけて。 そのかわり自分もベタベタに…それもまた、愉快。

このページのトップへ