講師紹介

カービング教室「チェンマイ」講師紹介

カービング講師 來山久美子

來山 久美子(キタヤマ クミコ/กระต่าย)
カービング作家・京都在住。
チェンマイ旅行中に見かけたソープカービングに興味を持ち、2009年に渡タイ。バンコクで著名作家に師事し、帰国後は「サヌクケサラク」名義で京都・大阪を中心にカルチャー教室講師、イベント展示、デモンストレーション、出張講習等活動多数。タイカービングの伝統技法を守りながらも、甘すぎないシンプルでスタイリッシュなデザインを作風の基盤としている。

2015年に国内のタイ料理店厨房勤務を経てバンコクのタイ文部省認定校に留学。タイ料理とカービングのプロフェッショナル認可証を取得。2017年より教室名称を自身がカービングを始めた原点である「チェンマイ」に変更。タイ全土と周辺諸国における食を中心とした旅を年数回催行。タイネームはクラタイ。

>>主な活動内容

受講・師事歴(経歴順)

P.M.S.(チェンマイ)
atelier SATO(京都)
Voice Hobby Club(バンコク)
MALISA Language & Culture School(バンコク)
Dumrongsak Nirund氏、Rawat Nirund氏(moradokphetsayam主催/バンコク)
Piyanat Niamsuwan氏(MALISA Language & Culture School元教授/バンコク)
maishop(ソープカービング工房/バンコク)着色・技術指導
Wandee Culinary Art School(タイ文部省認定校/バンコク)タイ料理・装飾コース修了

タイカービングと当講座について

カービングは、野菜・果物を彫刻するタイの伝統工芸です。
主に宮廷タイ料理の飾りや儀式の装飾として使われるほか、石鹸を彫るソープカービングもお土産物として町中で見かけられます。たった1本のナイフから、いったいどうしたらこんな物が作れるの?と思いますが、仕組みがわかれば「こうやって出来上がるんだ!」とすぐにご納得いただける技法です。
当教室では、初めての方は基本的なナイフの持ち方から、レベルアップを狙う方には複雑な模様にも挑戦していっていただきます。

・お弁当やサラダのトッピングなど、普段使いのかわいいデザイン
・スイカなどを使った大きく本格的な作品
・調理現場で活躍する実用的な技法の習得
・贈り物にも喜ばれるソープカービング

など、お好みに応じたオリジナル作品をお作りいただき、素材ごとの彫り心地の違いや制作過程を学んでいきます。

 

講師よりひとこと

新たな学びを得ること、創造の喜びを感じること、彫るという気持ち良さを体感すること、日常の質を上げること、仕事に活かすこと。
娯楽としてもスキルアップとしても、カービングが担うものはたくさんあると思います。
ですが、それよりもまずは気楽に始めてみませんか。カービングは、実際に体験することによって自分が想像していたよりもやみつきになる方がたくさんいらっしゃいますよ( ´∀`)

>>カービング教室のご案内

りんごのカービング
(写真は生徒様に体験でお作りいただいたりんごのカービング作品です)